トランクルームおすすめランキング

ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

子供が大きくなって使わなくなったベビーベッドやベビーカーが部屋のスペースを占領しているという家庭も多くあるでしょう。もう使わないかと思っても、次の子供ができる可能性もあると思い、対応に困っている方もいます。ですが、取っておきたいと思っても、部屋のスペースを占領していると、小さな子供がはいはいをしているときにぶつからないか心配ということもあります。そこで部屋を占領しているものを、別の場所に移すことを考えましょう。

別の場所に移す際の選択肢の1つとなるのが、トランクルームです。トランクルームとは、場所をレンタルして、その場所に自分が普段使わないものを収納することができるスペースです。このような場所を借りることで、子供が成長して使わなくなったらベビーカーやベビーベッドをしまっておくことができます。次の子供が生まれたら、また自宅に設置して、子育てにひと段落がついてから処分しましょう。

トランクルームをレンタルするという選択肢は知っていても、高いのでためらっているという方も多くいるかもしれません。ですが千葉で格安で借りられるスペースも数多く存在しています。格安でおすすめのスペースであれば、家計にあまり余裕がない方であっても、安心して収納のための場所を借りられます。ベビーカー以外にもさまざまなものを収納できるので、格安でレンタルをして、上手に収納場所を活用できるようにしましょう。自分にあった形で使うことが大切です。

トランクルームの使い方

実際にトランクルームのレンタルを検討しているのであれば、どのような使い道があるのか具体例を把握しておくことも大切です。どのような形で使えるのか知っておくことで、収納上手になることにつながります。

例えば子育て中の方であれば、子供が大きくなるにつれて増える思い出の品をしまっておくのも1つの手です。子供が幼稚園や小学校に入れば、子供の作品などの思い出の品は自然と増えます。そのような思い出の品をすべて自宅に保管しようと思っても、かさばる図工の作品もあるため、スペースを占領してしまうこともあるのです。そこでトランクルームを使うことによって、部屋のスペースを占領せずに、子供の思い出の品をとっておけます。

また子供の物をしまうときのトランクルームの使い方として、下の子におさがりであげるまでの期間にしまっておくという手もあります。子供が2人以上いる場合、上の子が着た洋服を、おさがりで下の子がもらうことは珍しくありません。ですが上の子と下の子の年齢が離れていると、おさがりの服を着るまでに数年かかります。その着ない間の洋服を、レンタルしたスペースにしまっておくことも可能です。

もちろん千葉で格安のレンタルをしたとき、収納できるものは子供関係のものだけではありません。例えば冬にしか使わないストーブなどの家電製品や増えてしまったものの捨てられない書籍を収納するのも1つの手です。人によってさまざまなものをしまっているので、自分ならではの形で収納スペースを活用しましょう。

トランクルームの種類

千葉で格安のトランクルームをレンタルしたいとき、種類による値段の差について考えることも忘れないようにしましょう。実はトランクルームは、屋外型と屋内型にわけられます。そして値段だけで考えるのであれば、前者のほうが安く借りられる可能性が高いのです。

屋外型の場合、駐車場の端っこのスペースを活用して、コンテナを設置してあるようなタイプが多くなっています。駐車場の端っこという場所の有効活用をしているため、月額使用料も比較的安めです。ですが屋外に設置してあるコンテナのため、温度変化には弱いので注意が必要です。また荷物の出し入れをするときも、雨の日だと出したばかりの荷物が濡れてしまうこともあるので注意しましょう。また防犯対策は鍵だけというケースも多くみられます。

一方で屋内型の場合、屋内という名前の通り、屋内に設置されているトランクルームです。例えばマンションの一室のような形をイメージしてください。マンションよりは狭いスペースですが、1畳~4畳ほどのスペースを借りて、自分が収納したい物をしまっておけます。屋内のスペースになるため、荷物の出し入れをするときに、濡れる心配はあまりありません。また24時間体制で警備員の方が常駐しているなど、防犯対策も行われています。ただし屋外型と比較して、料金が高めです。それぞれの種類のメリットとデメリットの両方の特徴を知ったうえで、どちらの種類を選ぶのか考えるようにしましょう。

トランクルームの選び方

千葉でトランクルームのレンタルを検討しているとき、選び方のポイントになるのは格安かどうかという点だけではありません。自分にとって良い条件で利用できるのかという点に注目することを忘れないようにしましょう。

例えばベビーベッドなどの家具をトランクルームにしまっておきたいと思ったとき、人によっては自家用車を持っていない方もいます。そのようなとき、荷物を運ぶだけのためにレンタカー業者を利用するのは何かと手間がかかります。そこでトランクルームの業者側が車を貸してくれるのかなどのサービスに注目するのも1つの手です。

またしまっておきたい荷物が多い場合には、自然と収納ために必要なスペースも増えます。レンタルするスペースの広さに応じて値段も変わってくるので、最初にしまいたい荷物の量を整理しましょう。荷物の量を把握したうえで、必要なスペースについて考えていくことが大切です。荷物の量というのは、後から増えることもあります。そのため余裕を持ってスペースを選ぶことも必要です。

さらに荷物の管理体制や防犯対策について考えることも大切です。例えば値段が安い屋外に設置してあるコンテナだと、夏場はコンテナ内部の気温が上がりやすくなります。そのため温度変化に弱い荷物の保管には向きません。さらに大切なものをしまっておきたい場合には、防犯カメラの設置や警備員の有無など、防犯対策にも注目して選ぶようにしましょう。鍵のタイプに注目することも大切です。

トランクルームに必要な費用・料金

千葉でレンタルボックス 格安を借りるために必要なお金は、月々支払うことになるお金だけだと思っていませんか。ですが実際には、賃貸契約を結ぶのと同じようなものだと思ってください。賃貸契約を結ぶとき、月々の賃貸料だけではなく、最初に初期費用が必要です。トランクルームを借りるときにも、いくつかの初期費用が必要となるのです。

トランクルームにおける初期費用で必要な料金の1つに、敷金礼金があげられます。ほかにも管理手数料や事務手数料など、必要なお金は業者によって異なりますが、月額使用料の3ヶ月分ほど必要なこともあるので注意しましょう。ほかにも鍵の交換などで代金が必要となるケースも見られます。

また実際にスペースを借りて収納場所として活用する場合、毎月問題なく月額使用料を支払えるのか考えていくことも忘れてはいけません。月1万円の支払いだとしても、1年で12万円、5年で60万円必要です。例えば子供がいる家庭であれば、子供の学校入学時など、出費が重なる月は支払いが厳しくなることもあるかもしれません。そのようなことまで考えて、月額使用料はできる限り家計に負担が少なくなるように調整しましょう。

また後からしまいたい荷物が増えることを考えて、最初から大きめのスペースを借りる方もいます。余裕を持ってスペースを選ぶのも大切ですが、余裕を持ちすぎるとスペースを活用しきれない方もいます。スペースは荷物を整理することでたくさんのものがしまえるので、予算と相談して借りるスペースの広さを考えることも忘れないようにしましょう。